ゼラチンミュージアム > ゼラチンの歴史

ゼラチンの歴史

ピラミッドとともに歩む

ゼラチンの起源は、古代エジプトのニカワ製造であるといわれています。ファラオの墓から出土する棺、調度品、美術工芸品などを見ると接着にニカワが用いられています。また、ニカワ製造風景を描いた壁画も残されています。

大量生産と写真工業への応用

1700年頃よりヨーロッパで工業的な生産が開始され、1800年代に入ると食用のゼラチンが生産されるようになりました。また、写真工業においても、ゼラチン乳剤の印画紙が用いられるようになり、ゼラチンの需要がさらに発展しました。

「日本書記」の時代

日本においては、墨の材料としてニカワが用いられたという記載が「日本書記」に見られます。しかし我が国では寒天が食用として用いられてきたこともあってか、本格的な発展は大正時代まで待たなくてはいけませんでした。

大正、そして現在

大正時代、産業の発展とともに、ゼラチンの需要も急激に増大しました。新田ゼラチンがゼラチン生産を開始したのも、大正7年(1918)です。
そして、現在。世界のゼラチン消費量は年間約20万トン、このうち日本は約2万トン。今や、食品、医療、文化、レジャー等の多方面にわたって、ゼラチンが現代文明を支えているといっても言い過ぎではないでしょう。

© Nitta Gelatin Inc. All rights reserved