ゼラチンミュージアム > コラーゲン入門

コラーゲン入門

コラーゲンとは何か

コラーゲンは、動物体中にもっとも多く含まれるタンパク質で、生体の全タンパク質の20から40%を占めています。体の細胞と細胞の隙間を埋める形で線維状のタンパク質として存在し、特に皮膚、骨、軟骨、腱など結合組織の主要な構成成分になっています。全コラーゲン量の40%は皮膚に、20%が骨や軟骨に含まれ、その他、血管や内臓など全身に広く分布しています。

このように、コラーゲンは体や臓器の形を支える構造材として働いています。また、細胞同士をくっつける足場(基質)として接着剤の役割も果たしています。そしてこれらの物理的な機能のほかに、細胞の増殖や器官の形成、傷口の治癒促進などの生体活動にもコラーゲンが大きな影響を与えていることがわかってきました。

一方、コラーゲンが作られるのは、線維芽細胞や軟骨細胞、骨芽細胞などで、両者は、お互いに影響を与えあう関係になっています。

コラーゲンと老化との関係

人の体内では、常にコラーゲンの分解と合成が繰り返されています。年をとると、このバランスがくずれ、分解の方が多くなってきます。これは老化現象の一つで、コラーゲンが柔軟性を失ったために、しわやしみが発生したり、関節や骨が痛むのです。そこで、老化に対抗するためには、コラーゲンを補給し、新陳代謝を促す必要があります。

身近なところにもコラーゲンが・・・

コラーゲンをミクロに見ると、らせん状の細長い分子が3本集まり、よりあわさった構造になっています。コラーゲンはそのままでは水に溶けませんが、長時間水と加熱すると、ある温度で3本の鎖が外れて、水に溶ける構造に変わり、液中に抽出されます。これをゼラチンといいます。形は違いますが、同様のことは煮こごりやすじ肉の煮込み、豚骨スープなど、日常の調理でも実践されています。したがってコラーゲンを多く含む食品を食べることと、ゼラチンを何らかの形で摂ることは、同じ意味があるといえましょう。

食品としてのコラーゲンの意味

近年、コラーゲンを食べることによる健康、美容効果が話題となっていますが、一般に、食品市場で呼ばれる「コラーゲン」とは「ゼラチン」もしくはゼラチンを低分子化した「コラーゲンペプチド」を指しています。

コラーゲンの摂取は、高血圧の防止や骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の軽減、関節炎の治癒などに効果があるとの報告があります。また、体内でのコラーゲン合成を促進し、皮膚の若返りをはかるとか、肌の保湿性が高まるなどの美容効果も報告されています。高齢化社会を迎え、コラーゲンの重要性はさらにクローズアップされるものと思われます。

[参考文献]
食品原料としてのコラーゲンの機能と応用
梶原葉子,Fragrance Journal,7月号,58-64,1997

© Nitta Gelatin Inc. All rights reserved